Uno お月見イベント

September 20, 2018

みなさんこんにちは。

お盆も過ぎてもうまもなく9月。例年ならば暑さも峠を越し、徐々に涼しくなっていきます。

旧暦8月15日の夜の月のことを中秋の名月と呼びます。旧暦8月は1年の中で最も空が澄み渡り、月が明るく美しいとされており、平安時代から「観月の宴」が開かれていました。

今年は9月24日の夜が中秋の名月にあたり、その前後の期間は各地でお月見イベントが開かれます。

今回は都内および東京近郊のお月見イベントをご紹介したいと思います。

 

・三渓園

三渓園は横浜市にある日本庭園です。横浜駅からはバスで約30分ほどと少し遠いですが、美しい日本庭園と国の重要文化財に指定されている多くの歴史的建造物が楽しめます。

普段は17時閉園ですが、「観月会」期間中は21時まで開園しています。

 

イベント期間中は園内の歴史的建造物がライトアップされ、日替わりで琵琶や琴やチェロ、雅楽などの演奏が楽しめます。

 

日程:9月21日(金)~9月25日(火)

時間:18:00~20:30(閉園21:00)

入園料:大人700円、小学生200円

住所:〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1

http://www.sankeien.or.jp/index.html

 

・日本科学未来館

日本科学未来館はお台場にある日本の科学技術に関する博物館です。

 

未来館には「Geo-Cosmos」という直径約6mの球体ディスプレイがあります。未来館のシンボル展示で普段は宇宙から見た地球が映し出されていますが、イベント期間中は月周回衛星「かぐや」が捉えた月の表面データを全球で映し出します。先に紹介した三渓園の日本の伝統的なお月見とは違った、最先端技術を駆使したお月見が楽しめます。

 

地球ディスプレイ「Geo-Cosmos」に映し出された月の映像(日本科学未来館HPより)

 

また、月に関するパネル展示や未来館所属の科学コミュニケーターによる月や地球がどのように誕生したのかに関するトークイベントも開催されます。

 

日程:9月15日(土)~9月24日(月・祝)

「Geo-Cosmos」上映時間: ①10:50、②11:50、③12:50、④13:50、⑤14:50、⑥15:50 各回約5分間

科学コミュニケーター・トーク開催時間:13:30~13:45

入館料:大人620円、18歳以下210円

住所:〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

July 24, 2020

June 22, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索